超要約と解説【保育士が効果を実感しているイヤイヤ期の子どもへの上手な対応】てぃ先生

てぃ先生チャンネル

超要約

1、イヤイヤ期の子どもは自分でやりたくて自分で選びたいので、選ぶという事をさせてあげると、行動を起こしてくれる可能性が高くなる。

以上です。

2行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては、

イヤイヤ期の子どもに対してどのようにしたらいいのか?について解説されています。

例えば、子どもは今までご飯を食べさせてもらっていたのに、急にご飯を自分で食べようとします。

年齢が2歳ごろになると子どもは自分でしたくなります。

そういった時にイヤイヤ期、が発動します。

そういったときには、子供に選択させてあげる事が有効です。

例えば、靴下を履かないし履かせようとしても嫌がるときには、どっちの靴下から履きたい?と聞いてみます。

それでもダメなら、どっちの足からはこうか?と聞いてみましょう。

というのも、このころの子供は自分でやりたいし自分で選びたい意思が強いので、この心情をくすぐってあげる事ができるので、やる気になる事が多いです。

お風呂に入らないというときも、説明したりするのではなくてバスタオルをどっちにする?とか選ばせてあげると、自分で選べる喜びと、選んだバスタオルを使えるという楽しさを得る事ができるのでお風呂に入りやすくなります。

保育園でも、とても効果的なので是非やってみてください。

計5分14秒の動画です。

イヤイヤ期、確かに大変だったけど、こういったやり方があるのかと知る事ができてうれし〜

保育士が効果を実感している【イヤイヤ期の子ども】への上手な対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました