超要約と解説【サラリーマンがフリーランスになって驚く5つのこと!お金の勉強初級編】両学長リベラルアーツ大学

お金の勉強

超要約

1、フリーランスになると、自由度が高くなり、成果に左右されたり、税金が高かったり、本業以外の仕事が増えたり、サラリーマンの社会的信用度が高いことに驚いたりします。

2、サラリーマン、フリーランス、それぞれ良い面があるので、状況に合わせて給与、事業所得、給与+事業所得などを選択するのがおすすめ。

以上です。

5行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては

サラリーマンがフリーランスになって驚くことが大体共通して5つあるので紹介解説します。

両学長はサラリーマンはダメでフリーランスになるべきとは考えていない。

ただ、人生の選択肢が増えるのは良いと考えているそうです。

サラリーマンがフリーランスになって驚くこと

1、本当に何もかもが自由

例えば、時間や服装、勤務場所、仕事の種類・量なども自由です。

起きる時間も仕事の時間も育児をしながらでも、寝る時間以外は仕事とか好きなスタイルで出来る。

が、何のルールもないので自己管理が必須です。

生活リズムを崩してしまったり、引きこもり状態になってしまったり、オンとオフの切り替えができなくて疲れちゃうなど自由ほど辛いものはないという事実は知っておいた方がいいです。

なれてくるまで皆あわあわするそうです。

2、成果が全部自分に返ってくる

サラリーマンは成果が出なくても出ても給料が保証される代わりに上がりもしない。

その代わりに成果が出ないときは何の保証もない代わりに、成果が出ればそれが全て自分自身の売り上げ、利益につながるそうです。

これが面白いと感じる人はフリーランス向きかもしれない。

怖すぎると感じる人は、勤め先の会社にもう少し感謝してもいいかもです。

フリーランスの悩みは収入の不安定さなので、収入の不安定さを補うスキルや人脈、戦略がある人は自由を満喫できます。

3、税金と社会保険料が高くてビビる

サラリーマンは給料から直接税金を徴収されます。

天引きは痛みを与えずに税金を徴収する最高の方法だそうです。

ですが、フリーランスは直接税金や社会保険料を収めるので、痛税感が凄い。

例えば、年収500万円のフリーランスは

所得税「40万円払え」住民税「40万円払え」健康保険料「60万円払え」

国民年金「20万円払え」個人事業税「10万円払え」

と、年に十数回総額170万円の請求書が届くそうです。

また、会社員の場合は、社会保険料を半分会社が負担してくれているそうです。

それがない分、フリーランスの負担は重いです。

なので、税金の知識を身につけて正しく節税するようになるということです。

それをすれば最終的にはフリーランスの方が税負担は軽くなります。

なので、税金の知識を身につけましょう❗️

4、本業以外の仕事が多い

会社内で役割分担しているので、営業は営業、経理は経理、人事は人事です。

ですが、フリーランスは全部の役割を自分で担う必要があります。

例えばライターの場合だと、営業や条件交渉、契約書の作成、請求書の発行、入金管理、帳簿付け、確定申告、など

文章を書く以外の仕事にも時間を取られます。

ちなみに、フリーランスは営業・顧客の確保が一番の課題だそうです。

5、サラリーマンの社会的信用ってすごい

サラリーマンの時には社会的信用が気にならないです。

クレカの審査やローン審査、家を借りるというのは社会的信用がないと組めないそうです。

フリーランスは収入が不安定と見られるので、クレカの審査が通らなかったり、ローンを断られたり、住みたい家に住めない場合が起きます。

特に独立初期は難しいので、稼いでいるうちに社会的信用はついてきます。

サラリーマン・フリーランスのそれぞれの働き方に、いいところと悪いところがあります。

どんな働き方がいい、悪いはないので、周りに惑わされず自分に向いた働き方を自信持って探していけば良いです❗️

最後にその人のタイプ別のモデルケースについて紹介します。

人生を豊かにするお金にまつわる5つの力

1、貯める

2、稼ぐ

3、増やす

4、守る

5、使う

5つの力があれば豊かな生活ができます。

なので、4つの所得を極めましょう❗️

1、給与所得

2、事業所得

3、不動産所得

4、配当&利子所得

この流れは知っておきましょう❗️

今回は給与所得と事業所得の違いについて説明しました。

給与所得だけだと経済的自由になれないので

事業所得で税金をコントロールできるようになり、時間の自由も増えます。

なので、事業所得と給与を合わせると、最低限の生活を安定させつつ、税金もある程度コントロールできて、収入も上げていけるそうです。

ただし、時間がハードモードだそうです。

両学長のおすすめワークスタイル

多くの30台や家庭持ちサラリーマンはサラリーマン+副業がおすすめ

リスクが圧倒的に少ないし、多くの人にオススメしやすいモデルです。

ただし、時間の制限を激しく受けます。

給与所得で安定を取りたいけど給与が少ないという人は転職がおすすめ

転職活動自体はお金がかからないのでノーリスクです。

一番手っ取り早く収入を上げる方法だからです。

下のリンクは転職の無料相談ができるみたいなので参考にしてみてください☺️

スタートアップ転職の無料相談は【UNIAS】

とにかく早く自由になりたい!!って人は会社を辞めて事業所得のみがおススメ

自由がすぐに手に入ります。

ただし、金銭的なリスクは高いです。

メリットもあり、サラリーマン+副業だと時間がないけれど、その分事業にフルコミットできます。

ウーバーイーツや清掃代行、せどりなどが出来ます。

最低限の生活防衛資金は貯めてからやめることはおすすめです。

両学長はこのタイプだそうです。

現状ブラック企業で病んでいる人は早く逃げるのがおすすめ

自分が一番大事です❗️

年収1000万円以上の高所得サラリーマンは給与所得→配当や不動産所得だけで上がれるかも

税金は取られ放題だが、資産をしっかり買っていった方がおすすめかもです。

もし、資産形成スピードが遅いとかだと事業所得もプラスしてもいいかもしれないです。

計25分55秒の動画です。

フリーランスを経験したことないのですが、安定も大事なので私は安定をとることにします〜

第174回 サラリーマンがフリーランスになって驚く5つのこと【お金の勉強 初級編】

両学長リベラルアーツ大学のおすすめ本

本当の自由を手に入れるお金の大学

新品価格
¥1,089から
(2020/8/15 13:02時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました