超要約と解説【10万円の給付金から始めるはじめての株式投資】バフェット太郎の投資チャンネル

バフェット太郎

超要約

1、iDeCoを使って老後までお金を運用しよう!

2、今必要のない時にある2万0000円よりは、老後に必要な時に使える2000万円を選びましょう。

以上です。

3行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては

10万円の給付を何に使いますか?ということですが、

生活必需品や食品などの生活費に使う人以外の人もいます。

その人たちの中には株式投資を始めたいという方がいます。

なぜ株式投資をやったほうがいいかというと、

年金だけでは老後の生活自体が毎月5万円の赤字になると言われています。

それを10年・20年・30年と続けていくと、結果的に2000万円近く足りないと言われています。

そのため、公的年金では間に合わないわけです。

ただ、公的年金だけでは足りないことは日本だけではなくて海外でも同様ですが、確定拠出年金は海外では認知されているので殆どやられています。

確定拠出年金とは、つまり自分年金のことで、自分自身で年金の代わりになるものを作っていく必要があるということです。

つまり投資をやるとかやらないとかではなく、やらなければいけないんです。

なのに、年金をもらう段階になって、政府が悪い!って言っている人がいるのは情弱旧人類です。

ですので、今からしっかり対策したら良いのではないでしょうか?

この老後の2000万円を貯めるのに最近運用されているのが、iDeCo(個人型確定拠出年金)です。

iDeCoには掛け金限度額というものがあります。

第1号被保険者で自営業者などは

月額6万8000円で年額81万6000円までです。

第2号被保険者で、会社員などは

会社に企業年金がなければ月額2万3000円年額27万6000円

企業型確定拠出年金のみ加入の方は月額2万0000円年額24万0000円

企業型確定拠出年金と厚生年金基金、確定給付企業年金に加入されている方は、月額1万2000円年額14万4000円

厚生年金基金、確定給付企業年金に加入されている方は月額1万2000円、年額14万4000円です。

第2号保険者で公務員などは

月額1万2000円、年額14万4000円

第3号被保険者の専業主婦(主夫)などは、

月額2万3000円年額27万6000円までです。

こういった運用をすると、60歳になった時に2000万円程まで上がって帰ってくると見込まれています。

ですので、この機会に投資することはおススメです。

ただし、将来株式がコロナショックなどにより落ちる可能性はあります。

こういったものは約10年おきに起こっているので、確実に増加するという確証は持てませんし、目減りする可能性は十分あります。。

ですが、40年目に目減りする可能性があるからといって資産運用しないほうが良いということは絶対にありません。

むしろインフレで実際の価値が目減りするかもしれない貯金なんかよりもずっとマシです。

また、そこで資産運用が終わりというわけでもありません。

大切なことは資産運用を続けるということで、40年目に暴落したからといって全額現金に変える必要はなく、一部だけ現金に換えて、残りは運用することを死ぬまで続ければ良いです。

お金を残して死ぬなんて資産運用意味ないと思うかもしれませんが、

実際、毎月2万0000円でできる贅沢なんてたかが知れているので、それよりは老後に働けなくなった時に少し裕福にできる生活の方がいいと思います。

ですので、本当に必要な時は使い、もし必要なければ貯金し必要な時期が来るまで取っておくというのはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました