超要約と解説【説明のつかない奇妙な画像】NaokimanShow

Naokiman Showチャンネル

超要約

1、説明がつかない画像は陰謀や考察で溢れている。

2、ブラックナイト衛星、バブーシュカレディ、アンブレラマン、UFOの写真、聖母と聖ジョバンニーノの絵画は現在も謎のまま。

以上です。

3行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては

説明のつかない奇妙な画像について解説します。

1、ブラックナイト衛星

地球の周りを周回している衛星である一説では13000年前から存在していると言う説があります。

最初に公表されたのが1960年代で、アメリカ海軍はソ連によるスパイ活動なんではないか?と思っていたみたいです。

当時ソ連はアメリカと宇宙産業で競争していたので、互いに疑いあっていましたが結果的に誰のものかは分からなかったそうです。

説としては、古代文明が打ち上げた、宇宙人による仕業じゃないか?と言われていましたが、その理由としては、1900年に天才学者のニコラ・テスラとジョージ・ハルズが宇宙から謎に信号を受信したらしく、その話から来ているらしいです。

今では宇宙ゴミとして結論づけられている。

2、バブーシュカレディ

バブーシュカレディはジョンFケネディの暗殺事件の当日、至近距離から撮影をしていたそうです。

また、この女性は暗殺された直後も動揺せず落ち着いていたそうです。

その後FBIが新聞などで彼女に呼びかけたらしいですが、結局今でもその女性は謎のままです。

事件から7年後ビバリーオリバーという女性が名乗り出てきましたが、年齢も違うし、カメラも当時は発売されていなかったものだそうです。

バブーシュカレディの説としては、ロシアのスパイ、CIA、タイムトラベラーじゃないか?みたいに言われているそうです。

タイムトラベラーが過去に戻って写真を撮影したみたいな可能性もありそうで面白いですよね。

3、アンブレラマン

この方もジョンFケネディが暗殺された当時、晴れているのに黒い傘を差しています。

また、この方はケネディが通った時に傘を開いたそうで、ある説ではなんらかの合図で信号を送っていたのではないか?と言われています。

また、1972年にウィースビットと言う方がアンブレラマンだと名乗り出てきました。

この人が言うには、ケネディに対する抗議で行なったと言うらしいですが、写真と彼の証言が矛盾する点がいくつかあるので、おそらく違うのではと言われています。

2014年に彼は亡くなっていますので、真相は謎のままです。

4、アポロ17号月で撮られたUFO

アポロ17号が最後の月面着陸をしたそうですが、8000枚の写真を撮ったそうです。

その中の一枚にUFOらしき青い光が写っていたそうですが、ある一説では衛星と言われているそうです。

ただ、衛星はこんな光を発することはなく、また衛星だったらわかるとのことです。

また面白いのは、この画像がNASAのWebサイトに載っているので、合成ではないと思いますが、まぁ、NASAですから、なにかありそうですよね。

5、聖母と聖ジョバンニーノ

絵画の中にUFOらしきものが描かれています。

天使という意見もあったそうですが、天使はシンボルマークでは羽が書いてある事が多いので、違うのではないかと言われています。

また、右下の男性と犬が空を見上げていて、それが多分現代の人もUFOを見たら同じような反応をするだろうと思います。

計6分21秒の動画ですが、こういったのも面白いですよね〜

まぁ、ほぼ網羅できていると思いますが、この語り口調は癖になるので、ぜひ動画も見てみてくださいね〜

説明のつかない奇妙な画像!

コメント

タイトルとURLをコピーしました