超要約と解説【バタフライ効果!人生の価値観を変える】Naokiman Show

Naokiman Showチャンネル

超要約

1、小さな行動が将来的に大きな出来事につながる可能性がある。

以上です。

1行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては

バタフライエフェクトとは、わずかな変化や原因が後々連鎖反応を起こして大きな結果や状態を起こす。

例えばユダヤ人を大虐殺したことで有名なヒトラーは、

幼少期に画家を目指していて、美術学校を受験したが、合格しなかった。その後貧困な生活を過ごし、軍隊に入り、ユダヤ人を大虐殺する独裁者に至ります。

もし、ヒトラーが美術学校に入学できないという小さな変化が無ければ、そういったことは起こらないかもしれませんでしたね。

また、暗殺されたジョンFケネディは背骨に障害を抱えていて激痛に悩まされていたそうです。

そして大学に入ってフットボールをしていましたが、大怪我をして腰痛が悪化してしまったそうで、コルセットを巻いていたそうです。

そのコルセットによるものか、暗殺された時は2発の銃弾を浴びており、

一発目は肩に当たりましたが、コルセットのせいで体が前進して倒れてしまうはずだったが倒れることができず直立してしまっていたので、致命的な2発目を受けたと言われています。

ジョンFケネディは宇宙人のことを公表しようと考えていたという都市伝説があるので、もし暗殺されていなかったら面白い未来が待っていたかもしれません。

それはいいとして、コルセットを巻いていなかったら、もしかしたら殺される未来がなかったかもしれないです。

これは、実は生活の中でも使えます。

こんなことしても意味ないや・・・と思っていたとしてもバタフライエフェクトのことを思い出すと、もっとそこに気持ちが入り、全力で取り組めることになる。

小さな変化でも大きな影響を与えることがある。

例えば、Aさんが毎日20分ランニングをしていたとして、たまたま山でクマに遭遇した時に毎日ランニングしていたから逃げ切れたということになれば、塵も積もれば山となるという結果になります。

また、AさんとBくんがいて、AさんだけがBくんに優しくしていた経緯があり、Aさんが将来リストラされて困っていた頃に、同窓会でBくんに出会い、Bくんが大企業の社長となっており、Aさんが優しくしてくれたことを覚えており、会社に迎え入れたということにつながる可能性もあるということです。

なので、今なんとなくやりたくてもやる勇気が出ない時には、今やりたいことを半年前や一年前に始めていたら、どんなことが起こっているだろうと考えてみると、やる気が上がるかもしれませんね〜

計5分59秒の動画です。

結構面白いと管理人としては思ったので、見たい方は見てみてくださいね〜

バタフライ効果!人生の価値観を変える!

コメント

タイトルとURLをコピーしました