超要約と解説【朝ごはん抜くべき説〜太るどころか痩せる最新研究】メンタリストDaigo

メンタリストDaigoチャンネル

超要約

1、朝食は食べない方が、摂取カロリーが少なくなり、痩せる。

2、朝食は食べるなら継続して食べる、食べないなら継続して食べない、たまに食べたり食べなかったりするのが最も良くない。

以上です。

3行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては

朝食を食べない人と食べた人どっちが良いの?という研究があります。

朝食を食べたグループは朝食を抜いたグループよりも260kcal〜900kcal程度多く摂取してしまい、また体重も0.7~0.8kg多くなったという結果が出ました。

朝食を抜いた人の方が吸収が多くなるということをよく言われていますが、体重が減少している点からも、それは嘘だということがわかります。

また、朝食を食べた人のグループの増えた体重のうち83%は体脂肪だったそうです。

そして、朝ごはんを食べた方が活動性があがるという事を言われる方がいますが、

1日の活動量を比較した結果、活動性に関しても変化がなかったそうです。

と、ここまで聞くと朝食を食べる人があまり良くないというような印象もあると思いますが、体重を減少させたいという理由が無ければ、普段通りの食事をした方がいいそうです。

一番良いのは

朝食を抜いている人は、朝食を抜きっぱなし、

朝食を食べている人は、毎日朝食を食べた方がいい。

ですので、朝食を食べる日だったり食べない日があったりするのは良くない。

そうです。

計15分9秒の動画です。

動画を見てもっと詳しく説明できるようになりたい場合には、見てみてくださいね〜

朝ごはん抜くべき説〜太るどころか痩せる最新研究

コメント

タイトルとURLをコピーしました