超要約と解説【科学が認めた6つの会話力トレーニング】メンタリストDaigo

メンタリストDaigoチャンネル

超要約

1、会話は休止を入れながら、鼻で呼吸をしつつゆっくり話し、イントネーションを下げ、基本は傾聴する。

2、会話力は感謝の心と共感能力、自己共感能力を鍛えると成長する。

以上です。

約3行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては、

会話力が高くなる方法が語られていました。

1、ゆっくり喋る。

ゆっくり喋ると説得力が増す。

2、休止を入れる。

話の途中に1秒から2秒ほどの休止を入れると自信があるようにみえる。

3、イントネーションを下げる。

文章の語尾を下げると力強い印象を与えることができる。

4、呼吸を深くする。

口で呼吸をして会話していると不安を覚えたり、余裕がない印象を与えるそうなので、鼻で呼吸をして会話をすると良い。

5、感謝の心を鍛える。

人間の幸福度を高めるには感謝の日記をつけたり、良かったことを3個書き出すといったものがありますが、自信を持って喋ることができるので信頼に繋がります。

習慣化すると良いとのことです。

6、共感能力を鍛える。

他人の感情を読み取る力が高くなる。会話相手の過去の様子を想像してみると共感能力が高まるそうです。

過去と現在の状態も想像してみると効果的。

7、自己共感力を鍛える。

相手の共感力ばかり持っていると自分がなくなる。ですので、自分を思いやり、自分を癒す時間を作っている。

8、傾聴する。

ずっと話を聞き続けるのは、本当に大変で、基本的に相手の話を遮らずに、相槌を打ちながら限界まで話を聞く。

相手の話を遮ると、不快に感じるそうです。

計16分12秒の動画です。

結構繰り返して聞いた上で、実践していくのがいいかもですね〜

科学が認めた6つの会話力トレーニング

コメント

タイトルとURLをコピーしました