超要約と解説【社会人が絶対に言われてはいけない「一言」】マコなり社長

マコなり社長チャンネル

超要約

  1. 進捗はどう?と言われる前に主導権を握ろう
  2. 主導権を握るためには、ゴールを確認し文面に残し、自分の考えをこまめに共有し、期待値を下げてこまめにフィードバックをもらうことが必要

以上です。

3行でしたね〜

動画の内容と解説

内容としては、

まずは、上司に進捗(しんちょく)どう?あれはどうなった?と聞かれてはいけないということでした。

普通に仕事するには特に問題はありませんが、一歩突き抜けたいと考えるのであれば、あまり良くないということです。

進捗どう?と言われてはいけない理由としては、相手に主導権(イニシアチブ)が管理されているので、信用を失ってしまうということでした。

でも、主導権を取るのは難しいと考えていると思いますが、

その主導権というのはどんな立場であっても取れるそうです。

例え話として、父・母・赤ちゃんがいるとします。その中で主導権は赤ちゃんが持っていますよね。

それは、何故かを考えましょう。

すると、閃きましたか?

この父・母・赤ちゃんのなかでの目標が赤ちゃんに健康に元気に育って欲しいというものだからです。

もう一つの例えとしては、お医者さんと患者さんはお医者さんが主導権を握っていますよね。

それも同様に患者さんが良くなるという目標を持っています。

ですので、お医者さんが主導権を握っています。

それは、最もその目標に貢献できると思われている人だからこそ主導権を握れているということです。

ですので、会社においても仕事をすぐに引き受けることも大事ですが、

何故それをやるのかという目標をしっかり確認して行動しましょう!

ということです。

また、そう行った人には信頼が不可欠なので、失望させてはいけません。

失望とは期待値とのギャップで生まれます。

ですので、失望されないために

期待値を下げて相手にフィードバックを貰うことをしていきましょう。

基本は2割共有が大事です。

「まだ、叩き案なんですけど、大きな方向性を間違えないようにフィードバックを貰えないでしょうか?」

と、聞いてみましょう!

すると、周りの人も巻き込みながら成果を出すので、ひどいフィードバックにはならないということでした。

計13分42秒の動画です。

結構みやすい動画ですし、納得もできるので是非見てみてくださいね〜

社会人が絶対に言われてはいけない「一言」

コメント

タイトルとURLをコピーしました