超要約と解説【宇宙人の種類(人間と接触している)】Naokiman Show

Naokiman Showチャンネル

超要約

  1. 人間と接触している宇宙人としてはショートグレイ、トールグレイ、アルファドラゴニアン、ネイティブレプティリアン、シリウス星人、アヌンナキがいる。

以上です。

名前を並べただけで3行かかりましたね〜

動画の内容について

内容としては

SHORT GREY(ショートグレイ)

身長が約1mで大きな頭をしていて、大きな黒目。

口もありますが、テレパシーなどを使うのでほとんど喋らない。

遺伝子操作によってトールグレイという別の宇宙人に働くように作られているので、ほとんどロボットのようなもの。

ショートグレイの任務は、遺伝子操作でグレイと人間のハイブリットを作ることが任務。

TALL GREY(トールグレイ

身長が2m以上、人間とグレイの合わさった存在。

ショートグレイと人間の仲介役をしている。

トールグレイも遺伝子操作をたくさん行なっており、人間とグレイのハイブリットを陰の政府として働かせている。

一説によると、アメリカ政府とUFOの情報を提供する代わりに人間の遺伝子をもらうという契約をしているそうです。

また、人間が去った後、地球を引き継党としているそうです。

ALPHA-DRACONIANS(アルファドラコニアン)

何千年も前から人類と関わっている。

見た目は爬虫類型、身長は6メートル以上、体重は800キロもある。

羽と尻尾もある。

邪悪で凶暴だが、頭がいいので、恐怖で人間社会をコントロールしようとしている。

NATIVE REPITILIAS(ネイティブレプティリアン)

身長は2m前後、アルファドラゴニアンと同様に人間社会に潜入している。

助けてくれた時もあったが、今ではエリート層に潜入して人間社会をコントロールしている。

金融システムや宗教はレプティリアンによって作られ、メディアや企業も影響を受けているそうです。

有名な都市伝説としては、レプティリアンがセレブや有名人に化けているんじゃないか?という画像比較があるそうです。

シリウス星人

古くから知恵を与えてくれたそうで、

古代エジプト人に医療や天文学の知識を与えたり、

ピラミッドの建設を手伝ったのもシリウス星人です。

マヤ文明は理解できないものが多いが、シリウス星人とコンタクトを取って得た知識だそうです。

伝説的なアトランティス大陸の沈没した際も率先して手助けしてくれた。

昔は人間社会に貢献してくれたが、今では潜んでタイムトラベルや科学的進歩を手助けしてくれているそうです。

また、シリウス星人は肉体を持ちませんが、人間の体を借りることはあるそうです。

人間社会に紛れてるかもね〜

ANNUNAKI(アヌンナキ)

太陽系にあるニビル星からやってきた。

もともと、金と鉱物を採掘することが目的でやってきたが、

もっと効率良くするために、遺伝子操作によって人間を作った。

人類の発展に関わったのがアヌンナキで文化も引き継いでいるそうです。

また、アヌンナキはアルファドラゴニアンと人間の支配をめぐって戦っているそうです。

計4分51秒の動画ですが、結果的に見ると、内容は網羅できていますが、

こんだけ内容が詰まっていると、動画を見た方が早い気がしますね〜😆

短いので是非見てみてくださいね〜

宇宙人の種類(人間と接触している)

コメント

タイトルとURLをコピーしました