超要約【自分を好きになるための自己肯定感の科学】メンタリストDaigo

メンタリストDaigoチャンネル

超要約

  1. 強みは知るだけではダメで、強みを日常的に新しいことに使って幸福度を上げていく。
  2. 自分の仕事に対しての認識を変え、ジョブクラフティングし、やりがいを高める。

以上です。

約4行でしたね〜

動画の内容について

ストレングスブラインドネスという考え方

強みの無知

自分にとっての強みが仕事に発揮されたと思うと、強くなる。

成功したかどうかを見極めるのが、他者に依存してしまう。

すると、他者や外部からの成功評価がなくなると、

本質的でないお金の使い方をしてしまう。

ということで、こう言ったことを

ストレングスブラインドネス、つまり強みの無知と言います。

このストレングスブラインドネスからの脱脚が大事という事です。

自分の強みを3つ見つける。

3つ見つけるという理由としては、一つダメになったからといっても、他の強みがあるとダメにならない。

強みは好きを深掘りすると、出てくる。

つまり、自分の強みを仮にでもいいから3つあげて、それを3つ使って仕事してみる。

Daigoさんの場合には、好奇心、常識に縛られない、要約力などがあるそうです。

VIA強みテストを受けてみると、自分の強みが5個出てくる。

ちなみにポジティブ心理学で作られているテストがVIA強味テストです。

3つのポイントをうまく使うと、抑鬱傾向がなくなる。

3つのポイントとは、

自分を特徴付ける強みを使う。

新しいことに使うこと。

日常的に使う。

自分ができることというよりは、本質的な強みを使う事が大事だそうです。

ただ、慣れというものがあり、

慣れると、ありがたみがなくなってしまう。

例えば、タワーマンションに引っ越したとします。

最初は夜景や景色などに喜びを感じますが、慣れてしまうと、カーテンを引いて生活したりするようになるとのことです。

管理人もそれはなんとなくわかる気がします。

ですので、自分の強みを認識するために、新しいことにどんどん使うという事が大事。

また、日常的に使う事が幸福度が上がり、自分の自信につながる。

つまり、この状態が自信がある状態だそうです。

逆説的な例としては、フォードという車のメーカーは以前は一台一台車を仕上げるのが当たり前だった時代に、生産ラインを作って、タイヤをはめる人や、窓をはめる人など、振り分けたそうです。

また、給料がその当時としては多かったのですが、離職率はかなり高かったそうです。

つまり、単純作業で辛くなってしまい、やめてしまうということです。

仕事にすぐに適応できる人は、不幸である。

なぜかというと、自分にしか出来ないことを見つける事が困難だから。

だからこそ、仕事場にすぐ適応できない人の方がチャンスだそうです。

Daigoさんも就活などすごく苦手だそうです。

就活で20社も落ちて落ち込んでいる人は、自分の強みをまずは知った方がいい。

そうした方が、受かりやすいとのことです。

まぁ、そもそも、面接自体落ちたからと言って落ち込む必要はないそうです。

また、内向的な人も、自分の強みについては外交的に対応できるそうです。

ジョブクラフティング(自分にとってやりがいがあるように仕事を置き換える)

という考え方もあります。

この考え方は例えば、JR東日本の清掃員の人達が

新幹線を劇場と捉え、お客さんを主役と捉え、清掃員を名脇役として捉えたそうです。

こうすることで、清掃員の離職率も下がり、とても良い仕事をするという状態になったそうです。

計28分57秒の動画ですが、途中で終わってしまったので、なんとなく、不完全燃焼感がありますが、

面白い内容でしたね〜

大体は網羅していると思いますが、もし見たい方は見てみてくださいね〜

自分を好きになるための自己肯定感の科学

コメント

タイトルとURLをコピーしました